NIR分析法について

近赤外分析(NIR)は、従来の分析法に匹敵する正確さと精度で多成分分析が行える、
すばやく(分析時間 1分弱程度)シンプルな非破壊の分析手法です。

もう1つの優れた特徴として、近赤外分析(NIR)は危険な化学物質、溶媒、試薬を使用するサンプル前処理が必要ありません。
近赤外分析(NIR)には、工業プロセスのモニタリングおよび制御を大きく改善できる可能性があります。

NIR で記録されたスペクトルには、サンプル及びその成分に関して、
様々な化学的および物理的(粒子径など)情報が含まれています。
製薬および化学業界においても、
NIRは25年以上前から積極的に導入されています。

最近では、固体や液体の化学成分を分析して、
製品の品質管理や製造工程のインプロセス・モニタリングに役立てることに
重点が置かれるようになってきました。

原料受入試験の場合、サンプルを受け取ったままの状態で測定し、パターン認識アルゴリズムを用いて、原料の特定と品質確認を行います。インプロセスの測定試験ツールとして、NIR は(統計的回帰手法と連携して)ほぼリアルタイムで化学情報を提供し、乾燥、混合、打錠の工程のほか、主薬の製造プロセスや溶媒の回収システムの制御に役立てられます。
固体及び液体サンプルをサンプル前処理不要(NIR)で高分解能スペクトルを測定可能で、すばやく正確な情報を得られるという点で優れています。
試薬不要で、廃棄物もなく、補助的な化学試薬も不要という利点もあります。
こうした理由から、分光分析は、工業品の品質管理および製造工程チェックに最適です。

NIRを用いると、1回の測定で複数の項目が計測できます。
工程管理の場面では、NIR は、現場で測定ができ、リモートで測定ができる点で優れています―特に、分光計をサンプリングポイントと離れたところに設置できる点が便利です。

NIRは、透明な包装材を通して分析できるため、原材料の品質管理に最適です。また、光の浸透深度を利用して、大きな物質を分析することも可能です。

CONTACTお問い合わせ

お客様のサンプルor弊社開発アプリケーションを用いての
受託分析・依頼分析・デモンストレーション実施・その他ご相談承ります

フロンティアソリューションズ株式会社への
お問い合わせはこちらから

047-750-3137営業時間:9:00-18:00 土日祝定休

お見積り等、お気軽にお問い合わせください。

MAIL FORM