NIR分析法とは

近赤外線(Near Infrared Ray)と呼ばれる可視光と赤外光の間の波長領域(おおよそ800nm-2500nm)を測定対象物へ照射すると、対象物内に含まれる分子の末端官能基が振動し対象物固有のスペクトル形状が取得できます。

形状が似通った対象物のスペクトル群と対象物内測定対象項目の分析値をマッチングさせ、多変量解析によりモデル式(検量線)を作成することにより分析対象物に応じた分析を行う手法です。

CONTACTお問い合わせ

お客様のサンプルor弊社開発アプリケーションを用いての
受託分析・依頼分析・デモンストレーション実施・その他ご相談承ります

フロンティアソリューションズ株式会社への
お問い合わせはこちらから

047-750-3137営業時間:9:00-18:00 土日祝定休

お見積り等、お気軽にお問い合わせください。

MAIL FORM